HD4670 AGPの使用例

AGPのドライバ使用方法と、その結果のレポートになります。

希少性の高いAGPですがその中でもHISのHD4670を使ったレポートです。

使用環境

 M/B 775i65G
 MEM 1GB×2@200MHz
 CPU QX6700@2.9GHz
 HDD Samsung850pro 128GB

エクスペリエンスインデックスの結果

  • 一番低い数値はメモリの5.5となった。4GBを搭載できるマザーでAGPはどれも2GBの制約が付いてしまっている。
  • コンボモデルのDDR2対応機もそれも2GBまでだった
  • 478CPUモデルでは4GBが搭載可能だが、そうなるとこんどはCPUが常時張り付く。
  • どちらが優先かと言えば、当然CPUになるのでメモリを2GBとした。
  • グラフィックパフォーマンスは6.7と予想以上に良い結果となった。

CINEBENCHの結果

  • 今回はCINEBENCHを使いために、64bitOSしか選べなかった。そのためメモリ周りに負担がかかった。
  • CPUクロックを3GHzにするとBSODになるので、2900MHzまで落とした
  • 775i65Gはクロック変更はできるが、電圧調整ができないのが残念だ

HD4670あたりになってくると、さすがにこの時代のような構成でも十分に使えてしまう

今、よほど負担のかかる作業以外に新しいPC構成が不要なのかが判ると思う。PCの使い方として、ゲームや編集作業、動画などを除けば方向性が今後は難しいのではないだろうか

>ShopROCKITCOOLJAPAN

ShopROCKITCOOLJAPAN

パソコンの修理、ハードウエア、ソフトウエアインターネット関係、パーツなど。

CTR IMG