AGP用Driver Cataryst12.6等の改造方法

AGPカードは新しいドライバをそのままでは使用できません。これはドライバ内にカードの情報が入らなくなってしまっているためです。そこで改造して導入できるようにする設定方法を紹介します。

バージョンの新しいCatarystHotfixAGPドライバを当てる方法

  1. デバイスマネージャからベンダーID(VEN)とデバイスID(DEV)を調べてメモしておく
    (VEN=1004,DEV=9496など)
  2. Cataryst12.6等の 新しいドライバをダウンロードする
  3. 7-Zipでexeファイルを解凍する
  4. ”$_OUTDIR”フォルダをクリックし→Packages→Drivers→Display→W7_INF と進んでいく 
    • ※最後のW7_INFフォルダはダウンロードした種類OSバージョンによって名前が違います
  5. 中にあるinfファイルをメモ帳などで開く
  6. 先ほど↑で調べたものを付け加える (EN=1004,DEV=9496 場合は以下の様に)
  7. [ATI.Mfg.NTx86]の最後の行に以下1行追加
    “%AMD9495.1%” = ati2mtag_R7X, PCI\VEN_1004&DEV_9496
  8. [Strings]のDriverOEMVersion=”Centralized Build”以下の最後にに以下1行追加(HD4670の場合)
    AMD9495.1 = “ATI Radeon HD 4670 AGP”
  9. 変更したinfファイルを適当なところに保存する
  10. デバイスマネージャを開き、ディスプレイドライバのところで更新を行い、この改造したinfファイルを指定する

Follow me!

>ShopROCKITCOOLJAPAN

ShopROCKITCOOLJAPAN

パソコンの修理、ハードウエア、ソフトウエアインターネット関係、パーツなど。

CTR IMG
PAGE TOP