シャットダウン方法の違い

Windows8以降はWindowsボタンから行うシャットダウンについてデフォルトで使う場合、これまでの電源を完全に切るシャットダウンと違っているので注意が必要です。

シャットダウンには2種類あり、通常シャットダウンと完全シャットダウンが存在するデフォルトでは通常シャットダウンの設定になっている。

デフォルトでの通常シャットダウンボタンからシャットダウンを行った場合実際にはシャットダウンはされておらずスリープのような状態になっている。


このような状態でパーツ交換を行うと、トラブルの原因となるのでパーツ交換などをする場合は、完全なシャットダウンが必要。

再起動時は、完全に一度シャットダウンされている。


ソフトウエアのインストールなど必要な場合は再起動されるのでトラブルは少ないが、パーツ交換はドライバインストール時よりもパーツそのものの交換時に通常シャットダウンで交換され、トラブルの元となっていることが多い。

完全シャットダウンを行う

完全シャットダウンは以下の手順で行う

  1. 左下のWindowsアイコン
  2. ハードウエアとサウンド
  3. 電源オプション
  4. システム設定
  • シャットダウン設定のところで、”高速スタートアップを有効にする” にチェックが入っていると通常シャットダウンになっている
  • 変更する場合は、少し上のほうの”現在利用可能ではない設定を変更します”をクリックし、チェックを外してから保存をクリックする

これで、通常シャットダウンから完全シャットダウンに切り替わる。

通常シャットダウンはシステム情報を保存して終了するため、起動時には高速起動ができるようになってるため、必要な場合以外は、設定を残しておきたい。

一時的に完全シャットダウンにする

これで完全シャットダウンを選んで行える

Windowsアイコンをクリックし、”shiftボタンを押しながら”シャットダウンをクリックする。

その他の完全シャットダウンの方法

  1.  「 PC 設定 」 画面からの完全シャットダウン
  2. 「 チャーム 」 からの完全シャットダウン
  3. 「 ユーザーネーム 」 からの完全シャットダウン
  4. 「 クイックアクセスメニュー 」 からの完全シャットダウン

Follow me!

>ShopROCKITCOOLJAPAN

ShopROCKITCOOLJAPAN

パソコンの修理、ハードウエア、ソフトウエアインターネット関係、パーツなど。

CTR IMG
PAGE TOP