BSOD表示させたままにする

BSODになったとき、勝手にシステム修復して再起動を防ぐため、そのまま停止させる方法。この方法を使うことでBSODになった原因を探ることができる。

通常使用時は突然のBSODもあるので再起動で構わないが、ストレステスト中やデバイスのテスト中などはこの方法を選択する場合があるため、記述しておく。

コントロールパネルから

コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム → 左側システムの詳細設定 → 起動と回復ボタン

 システムエラーの下、”自動的に再起動する” のチェックを外す

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

IDE→AHCI