BSODコード一覧(ブルースクリーン)

ブルースクリーンのコードはある程度そのコードナンバーによって判断できます。

  • 0x124 = add/remove vcore or QPI/VTT voltage (usually Vcore, once it was QPI/VTT)
  • 0x101 = add more vcore
  • 0x50 = RAM timings/Frequency add DDR3 voltage or add QPI/VTT
  • 0x1E = add more vcore
  • 0x3B = add more vcore
  • 0xD1 = add QPI/VTT voltage
  • “0x9C = QPI/VTT most likely, but increasing vcore has helped in some instances”
  • 0X109 = add DDR3 voltage
  • 0x0A = add QPI/VTT voltage

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA