BIOS更新 ASROCK

ASRFlash.exeを使ったBIOS更新の方法

BIOS更新ソフト、ASRflash.exeをダウンロードする

  1. FLOPPYDiskをフォーマット(起動可能)
  2. このリンク先のファイルを展開しFLOPPYへコピー
  3. ASROCKのホームページから該当BIOSファイルをダウンロード
  4. 2.で作ったフロッピーへコピー
  5. FLOPPYをマザーボードへ接続し起動
  6. 起動時キーボードのF11連打でFLOPPYを選択(865G系の場合、USB-FDDでもOKでした)
  7. A/> というコマンド画面になる
  8. asflash.exe xxxx と入力しエンターキー xxxxの中はファイル名
 ※ asflash.exeとxxxxの間はスペースを一つ空ける
 
※ASRflash.exeの中身を確認してください。
フロッピーの中身は以下になっていることを確認
  • ASRflash.exe
  • COMMAND.COM
  • IO.SYS
  • MSDOS.SYS

この4つのファイルがあるかどうか。

ファイルが一つも見えない場合

  • フォルダオプションから”隠しファイル、隠しフォルダー及び隠しドライブを表示しない”のチェックが入っているので、”隠しファイル、隠しフォルダー、隠しドライブを表示する”にチェックを入れます。

”ASRflash.exeとCOMMAND.COM”しか見えない場合

  • 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない にチェックが入っているので外します。

※ファイルが見えていないとコピーしたり移動したりできませんのでFDで動作しません。

BIOSをダウンロード

ASROCKのWebサイトからBIOSをダウンロードします。以下の例は775i65Gの場合

 
  1. http://www.asrock.com/mb/Intel/775i65G%20R2.0/?cat=Download&os=BIOS を開く
  2. 3.30    12/3/2009    DOS    561.85KB    Update CPU code. のところの右側の asia をクリック
  3. 該当ファイルをダウンロードが始まる
  4. ”775i65G(3.30)” のダウンロードしたファイルを解凍
  5. 775i65G_3.30というフォルダができるのでクリックして開く
  6. 中に775i65G_3.30というファイルとASRflash.exeの2つのファイルがある
  7. 775i65G_3.30というファイルをDOSのときに打つのが面倒なので775i65g.30 と名称変更する
  8. ASRflash.exeは上の”ASROCK ASRFlash.exeの場合”のところで貼ったリンク先と同じファイルなので使いません。BIOSファイルだけ使用します。
  9. 名称変更した775i65g.30を”■ASROCK ASRFlash.exeの場合” で作ったフロッピーへ(※1)コピー
  10. FDDに作ったディスクを入れてPCを起動(775i65gはUSB-FDDが使用可能※2)
  11. 起動時にF11を連打して起動ドライブ選択画面に進み、FDDを優先にする
  12. FDDが起動し、A/> というところで止まるので
  13. asrflas.exe 775i65g.30 と入力してエンター(※3)
  14. BIOSの更新が始まるので終了するまで待つ
  15. 再起動してリセットされたBIOSの設定を行って終了

注意点


注意点1:フロッピーの中身は以下になっていることを確認
  1. ASRflash.exe
  2. COMMAND.COM
  3. IO.SYS
  4. MSDOS.SYS
  5. ※BIOSファイル

 ※BIOSファイルとはダウンロードするマザーボードごとのBIOSファイルのことです。

注意点2:BIOSの初期時はLagacyUSBがDisableになっているのでEnableに変更して有効化しておきます。

注意点3: コマンド名は大文字でなく小文字でもOK
>ShopROCKITCOOLJAPAN

ShopROCKITCOOLJAPAN

パソコンの修理、ハードウエア、ソフトウエアインターネット関係、パーツなど。

CTR IMG