PentiumMMX200Mhz

初代Pentiumから進化したPentiumMMX

初期はMMXの意味がよくわかりませんでした。恩恵はキャッシュが増えたことによる処理速度が上がったことですが、販売されたのが1997年で、OSがまだWindows95の時代だったこともあり、他のCPUと比べて自慢程度のものでしかなかったこともあります。

すでにPentiumⅡも登場してきていたので新鮮味も薄れていたのでしょうか。

画像のものは未開封のもので所持しているシリーズで一番古いCPUになります。今後バルク以外、未開封で出てくることはほとんどないと思われます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Celeron300A

次の記事

Windows95 FD版