P67TranceFomer&875Kを使ってHWbot”WR”

長年探していたP67TranceFormerを手に入れました。
板だけしかなかったのでバックプレート(I/O Shield)はそれだけをEbayから取り寄せPCとして構成していきます。

まず組みあがった外観から

CoolerMasterのTESTVench R1.0に載せています

当然縦置き仕様も可能 にした

構成

  • M/B ASROCK P67TranceFormer(B3STEP)
  • CPU Intel Corei7 875K
  • MEM GEIL DDR3-1600Mhz(4GB×2)
  • 冷却 ALSEYE WATERMAX240(240cmラジエター簡易水冷)

動作環境

  • CPU 133.9Mhz×30倍
  • Vcore 1.352V
  • MEM 1606Mhz(803.2Mhz)1.65V
  • VGA ASUS GTX980 POSEIDON
  • SSD サムスン950Pro 128GB

CINEBENCH結果

OpenGL 98.57fps
 Ref.MACH 99.6%
CPU 604cb
CPUSingle 120cb
MP Ratio 5.03X

P55チップセットで問題になったボトルネックが解消されている

速度はしっかり出てます!
KryoにM.2噛ませてもっと速度をと思いたいところですがTRanceFormerは×16が1つしかなく、ビデオカードを搭載したので使えません。

メモリも限界クロックにて使う

上を目指してメモリ交換&クロックアップ
今回はCPUの875Kに合わせてメモリも認識限界のADATAの2400Mhzをセレクトしました。

AX3U2400W8G11-DGV

メモリ変更後の構成

  • M/B ASROCK P67TranceFormer(B3STEP)
  • CPU Intel Corei7 875K
  • MEM A-DATA AX3U2400W8G11-DGV(8GB×2)
  • SSD サムスン 950Pro -128GB
  • 冷却 ALSEYE WATERMAX240(240cmラジエター簡易水冷)

設定を詰めていきCINEBNCHを回す

  • CPU 4200Mhz(200Mhz×21倍)
  • Vcore 1.408V
  • MEM 2400Mhz(1199.7Mhz)2:12
  • MemV 1.67V
  • Cas-L 11-14-14-31(1T)

この設定で行ったCINEBENCHの結果が662cbということになったのですが、HWbotの記録を見てみると誰も更新していない(現在は抜かれています)

HWBotのWORLDRECORDを登録

HWbotへ登録し、見事Wordレコード記録に登録し、見事に1位になった。
(完全ノーマークだよな・・・)
ちなみに現在は破られています。チェックしてる人いるんですね
http://hwbot.org/submission/3461981_

CINEBECHのR11.5にもWR追加

CINEBENCHの2003にもWR追加

あっという間に三冠とりました。

http://hwbot.org/hardware/processor/core_i7_875k/
日本は私だけか・・・
ここの方たち一度争ったスコアに再挑戦する人は少ないので、古いPCパーツで最新のものを使ってる私にとっては好都合です。記録は新しいものだけではなく最新パーツを作って古い構成にも記録更新の機会を与えることでWRが取れたりします。

ちなみに私の場合は一発芸ではなくこれで常用なので余計価値があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

RyzenのOverClock限界の考察

次の記事

C6H とGALAXメモリ