ASRCOK P4i945GC Widows7-64bit

■ASRCOK P4i945GC Widows7-64bit
64bit対応のSocket478はネット上で調べても、まず「存在しないのでインストールできない」
と言われていた。ところが、一部のネット上で64bit対応のCPUはあるという噂になったので
マザーボード購入ついでに徹底的に調べてみた(EM64T)
2015年6月現在、今のところ64bit対応のものは3種類あることまで確認ができた
CPU以外はなるべく新しいアーキテクチャのものを使用するという構成で

■M/B ASROCK P4i945GC(BIOS-P1.3)
■MEM UMAX DDR2-800Mhz 2GB×2
■CPU Pentium4 3.4Ghz@3.67Ghz(Socket478)
■SSD clucialM4SSD-64GB
■GPU GeforceGTX750tiLP(GALAXY)

P4i65Gに比べると、サウスからメモリ周りまでさらに熱くなっている

■消費電力

起動直後140W
BIOS中111~117W
OS起動時125W
アイドル状態88w

 シングルコアなので常にCPUが100%にぽんぽん跳ね上がり、114~115W消費する

 アイドルという概念はないのかもしれない・・・

■BIOS画面

ProcessorType のところに”(64bit)” と表示され、64bitに対応していることがわかる

■CPU-Z画面

instructionsで”EM64T”と表示され、64bit対応であることがわかる

■各種DATA Windows7 64bitをインストールしてみた

■CINEBENCHのスコア結果

笑えるくらい遅い シングルは10CB

5GHzにOCした4790Kが200CBなので20分の1の性能でしかない

このCPUはHT対応なのでかろうじてCPUスコアが16cbとなった

■ディスク周りのベンチ結果(CrystalDiskMark)

478であってもSATA2対応なのでシーケンシャルは250近くまで出ている

SSDにClucialM4SSDの128GBを使用した

AHCIには対応していないため、ランダム4Kは最新のものと比べて

30%程度しか速度が出ていない

念のため、Paragon Alignment Tool で最適化した

メモリのほうはMAXXmemでの実測結果

起動から使用にいたるまで、やはりCPUの遅さからカクツキが生じる

この結果からみて、Windows7自体との相性はあまりよくない

XPやその他のOSを使って動作させているほうが安定して早く動作した

ビデオカードに最新のGeforce750tiOCを使用してみたが

HD4770と比べても効果的にはあまり期待できるものではない

しかし、478マシンということで考えていくと現在でもWin7の64bitマシンが

動作するという点では大変貴重である

しかし、このCPUはNXbitには対応していないため、Windows8やWindowss10は動作しない

今後NXビットに対応したCPUを探すか、パッチファイルをあててWIN10への導入を試みる

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です