KNOPPIX日本語最終版

サイトが閉鎖されたため、こちらで補完しておきます

knoppix_v7.0.2DVD_20120530-20120615.iso
(SHA1: 68aba07390f93316b42ab76e3da530da97173b73)

詳しい情報が知りたい方は最終更新日のHP
https://web.archive.org/web/20150421230151/http://www.risec.aist.go.jp/project/knoppix/
こちらで確認できます

  • KNOPPIX 7.0.2 DVD(LCAT対応)リリース
    • 7.0.2でオリジナルな点
      • zram “圧縮RAM (旧名compcache)”が標準で有効になっています。これによりswapをRAM領域に取ることでメモリの少ないPCでも使えるようになりました。
        • swapon -s あるいは free コマンドでzramが確認できます。
      • ブートメニューのオプション knoppix64 で64bitカーネルが使えます(knoppix6.7.1から継続)。4GB以上のメモリが有効利用できます。(注:各アプリケーションは32bit版を使っているため1つのアプリケーションが使えるメモリ空間は変わりません)
      • “Knoppix”サブメニューの復活。 Knoppix用の拡張はこのメニューへ
      • flashインストーラ(KNOPPIXのUSBメモリなどへのインストール)は、書き込み領域の作成と暗号化を直後に実行するように変更
      • Debian stable(squeeze)と 新規デスクトップ環境を Debian/testing Debian/unstableから導入。現状の機器対応のためkernel 3.3.7,xorg 7.6(core 1.2.1.902)を利用
      • Virtualbox 4.1.16 と qemu-kvm 1.0の仮想環境
      • compiz用の実験的な新規のグラフィカルカード自動認識、bootオプション “knoppix no3d”,”knoppix 3d”での無効/有効を切り替え可能
      • Chromium 18.0.1025.168 と Iceweasel 10.0 Webブラウザ
      • LibreOffice 3.5.3
    • 日本語版の変更点
      • LCATにより起動時間が約半分になりました。(32bit/64bitそれぞれに適用してあります)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

簡易水冷VS空冷

次の記事

Windows評価版