P4i65G 付属CDのドライバインストール(Windows98SE)v.4

Asrock P4i65G(Socket478) M/B付属CDのドライバインストール Part4

今回4番目の刺客はあるのに探せてないよのフリをする攻撃

Audio Driver and Application のインストール 続き 

  • システムファイルが必要です のダイアログが登場する
  • 【参照】をクリックする
どこにあるのかこのままだとまったくわからないのだが・・・

参照をクリックする

と、すでに場所を選択された状態で参照フォルダのダイアログが出てくるので、そのまま【OK】をクリック

どこにあるのか分かってるんですね・・・ もう見つけてるじゃないかと言いたくなる画面です。初めは非常に困惑します。

”システムファイルが必要です”のダイアログに参照パスが入った状態になるので、【続ける】をクリック

インストールが続行される

オーディオ用ドライバデータベースの作成に移行

ディスクの挿入ダイアログ

  • ’windows 98 Second Edhition CD-ROM’ラベルの付いたディスクを挿入して[OK]を押してください。と出る。
  • そのままなにもしないで【OK】をクリック

ファイルが見つからないのダイアログ

  • 「Windows 98 Second edhition on CD-ROM 上のファイル ksclockf.ax が見つかりませんでした」とでる。
  • 【参照(B)】をクリック

※ドライバCDインストールのはじめにHDD内にOSインストールディスク内を「win98」にコピーしていることが前提

参照からドライバを見つける

c:\ → win98 → win98 とクリックすると 必要なファイルが出てくる 【OK】をクリック

必要なファイル名は知ってるんですね・・・

また不明なファイルがあったと通知が出る

  • 「Windows 98 Second edhition on CD-ROM 上のファイル ksclockf.ax が見つかりませんでした」とでる。
  • 【OK】をクリック

 ※同じ案内だが、ファイルのコピー元に正しい参照先「C:\win98¥win98」が入っているのでさっきの場所の特定が継続されている

インストール完了画面

  • 不明なデバイスのソフトウエアが見つかり、インストールが完了する
  • 【はい、今すぐコンピュータを再起動します。】にチェックを入れて【OK】をクリック。

再起動後

  • 再起動中のブラックアウトにカーソル点灯だが、以前より遅くフリーズしたようになる
  • 時間が掛かっているだけで、放置しておくとちゃんと起動するのでフリーズしたと勘違いして電源ボタン等を押さないこと

ここは相当待たされます。SSDに変えていようが、メモリに1GBを搭載していようが、CPUがシングル動作とはいえQX6800だろうがフリーズしたなと思うくらい待たされますが、じっと待つことです。

次のページへ

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です