Windows95 InstallTips

OSを使う上での設定などをまとめています

■新たにOSを用意する場合、インストールCDが通常のOEM版でなくその機種専用(リカバリー用)の場合、他機種 にはインストールできない可能性があり。一見OEM版に見えるものでもがsetup.exeが削除されていてインスト ールできない添付CD(Companion と呼ばれる)がある。

■また、Windows3.1からのアップグレード版の場合は、3.1セットアップディスクが無い とインストールできませんが、方法はある
-Windows95 Upgrade版を、Windows3.1がない状態でインストールする

  1. Windows95 Upgrade版ではインストールする時に、ハードディスクの中のWindowsデイレクトリにある、WIN386.EXEの有無でWindows3.1があるかないかを確認する。
  2. 新規のHDDに Windows というフォルダをつくり 空のファイルで WIN386.EXE という名前にして保存


■新規インストールの可能な通常のOEM版には『For Distribution only with a new PC』 と印字されている。バージョンの見分け方は、
CDの印字が
(C)1981-1995なら無 印かOSR1
(C)1981-1996ならOSR2以降、さらにOSR2.1以降では『with USB Support』と印字されている。
(Copyrightが1981-1997と なっているのはOSR2.5。

■無印やOSR1の場合はFAT16、ハードディスクは1パーティション2GBまでで、 USBは使えない。SP1によってOSR1にバージョンアップとなる。
その際、修正パッチ適用することで満載のバグは解決可。現在、SP1そ の他修正パッチ類はマイクロソフトから供給は終わっています。

■USBを使用するためにはOSR2.1以降が必要になるが、OSR2はusbsupp.exeの導入でOSR2.1になる。
 OSR2.1以降ではusbsupp.exeは標準で添付されているが、自動的にインストールされるわけでは ないので注意。

■OSR2以降であれば、IE4をインストールす る事でほぼWindows98と同等のOSR2.5にする事が可(システムの表示 は950bのままで)

■インストール時の追記や注意事項

  • CPUは2.0GHzまで
  • メモリは512MBまで


■登録情報の変更
バージョン情報で表示されるユーザー登録情報を変更する方法

  1. スタートボタンの「ファイル名を指定して実行」でregeditと入力し、レジストリエディタを起動
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersionを開く
  3. 以下の項目をダブルクリックして値をそれぞれ変更する。
  • ProductId(CDキー)
  • RegisteredOrganization(会社名)
  • RegisteredOwner(ユーザー名)

 

■インストール後のWindowsの最適化設定
■メモリの設定(512MBより多いメモリで起動時EMM386系エラーの解除)
1、c:\直下の config.sys ファイルの編集
2、”DEVICE=C:\Windows\EMM386.EXE RAM” の行を
”DEVICE=C:\Windows\EMM386.EXE NOEMS”と書き換えて上書き保存

■メモリの設定(512MB超えメモリを944Mバイトに制限しておく)
  ※Windows95の上限は944MB
1、c:\直下の windowsフォルダの中
2、System.iniを開いて、[386Enh]項目の一番下段に
3、MaxPhysPage=3B000 と入力する

■win.iniの設定
「アプリで使うメモリの利用効率アップ、タスク切替えの高速化の実現」
1、c:\直下の windowsフォルダの中
2、WIN.INI ファイルの編集
3、[windows] の項目の下段に
 DefaultQueueSize=32
 CoolSwitch=1 
 をそれぞれ1行ずつ追加

■system.iniの設定(キャッシュサイズを制限)
1、c:\直下の windowsフォルダの中
2、SYSTEM.INI ファイルの編集
3、[vcache]の項目に
MinFileCache=X
MaxFileCache=X
ChunkSize=X を追加する。
※=Xの値はメモリ容量に依存するため下記数値参照

メモリ容量
64M    MinFileCache=2048 MaxFileCache=8192
128M    MinFileCache=4096 MaxFileCache=16384
   256M以上 MinFileCache=8192 MaxFileCache=65536
「FileCache」=HDDのキャッシュに使うメモリサイズ(上下の値を固定でメモリの断片化の防止)
「ChunkSize」=スワップの単位。(値は512の整数倍)512か1024で設定

[386Enh] の項目に以下行と数値を追加
MinTimeslice=3
MinSPs=4
MaxBps=768
ConservativeSwapfileUsage=1
NetCache=2048
NetHeapSize=20
NoWaitNetIO=ON
DirectoryCache=48
DMABufferSize=64
PageBuffers=32
SysVMEMSLimit=-1
WindowUpdateTime=25

※「MinTimeslice」について
タスク切り替え速度(を小さくするとマルチタスク動作はスムーズ→ システム全体のパフォーマンスは低下)
(初期は20ですが、CPUが1GHz以上の人は3
Pentium/75MHz~Pentium/166MHz   MinTimeslice=8
Pentium/166MHz~PentiumⅡ/400MHz MinTimeslice=4
PentiumⅡ/400MHz~         MinTimeslice=3
・「MinSPs」は値を4の倍数で指定
・「NetHeapSize」はネットワークのパフォーマンスのアップ
・「NoWaitNetIO」はNetBIOSのパフォーマンス向上
・「DMABufferSize」は DMAのバッファサイズでHDDがDMAに対応している場合のみ有効
・「PageBuffers」はスワップのバッファで高速化(メモリが128MB未満の場合は効果なし)
・「SysVMEMSLimit」はメモリの使用の最適化
・「WindowUpdateTime」はウィンドウを更新する前に取るマージン
・「ConservativeSwapfileUsage」はスワップファイルをなるべく使わない設定(メモリが64M以下の人は効果なし)
→上書き保存してWindowsを再起動
■使用しないDLLを開放しメモリを節約
1、スタートメニュー→ ファイル名を指定して実行→「regedit」と入力
2、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer」を開く
3、右側の空白で右クリック 新規→DWORD値で「AlwaysUnloadDLL」を作成して値を 1 に設定
■UDFドライバを無効にしてメモリを解放
※起動時にDVD-ROMやDVD-RAMのためのUDFドライバの読み込み停止
1、スタート→「ファイル名を指定して実行」→”msconfig”→OK
2、システム設定ユーティリティ→全般のタグの「詳細設定」
3、「UDF ファイル システムを使用不可にする」にチェックを入れる
4、再起動
8:窓の手をインストール
http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/Madonote-2004.exe
ie(2)タブをクリック
1つのサーバーに張れるコネクション数の上限のところの
HTTP 1.1 Server と HTTP 1.0 Server の二つの数字とも 16にする。
9:DRTCPをインストール
http://www.dslreports.com/front/DRTCP021.exe
↓あたりで設定値を確認する
http://www.bspeedtest.jp/speedup.html
10:KernelEx 4.5Beta2をインストール
KernelEX-4.5BETA2ダウンロード
http://jaist.dl.sourceforge.net/project/kernelex/KernelEx/4.5%20Beta%202/KernelEx-4.5-Beta2.exe8
※4.5バージョンからiniの設定不要
11:Firefox3.5をインストール(最新版は直後に強制終了となるため)
Firefox3.5.11ダウンロード
12:Opera10.10をインストール
Opera10.10ダウンロード
13:レジストリの最適化
1:「Windows の終了」→「MS-DOS モードで再起動する」で再起動
2:MS-DOSのプロンプト→ scanreg /fixと入力してEnterキー
3:→レジストリの再構築がはじまる(5~10分)
4:終了後MS-DOSのプロンプト上→ scanreg /optと入力してEnterキー
5:レジストリの最適化がおこなわれる→その後に再起動

Part2

-Windows Logoヘルプに検索機能を追加する
 Windows95のヘルプは標準ではインストールされないで追加する。
  1. CD-ROMドライブにWindows95のCD-ROMを入れる。次に、MS-DOSプロンプトを開く
  2. extract /A /E /L c:\windows\system d:\win95\win95_04.cab ftsrch.dll とコマンドを入力
  3. Systemディレクトリにftsrch.dllが解凍される。
  4. Windows95を再起動後、ヘルプに検索機能が追加される。
 ※ DがCD-ROMの場合 違う場合は X:\win95\win95_04.cab ftsrch.dll Xの部分を変更する

-1つ上のフォルダを開く
フォルダを開いているときに、BackSpaceキーを押す

-Windowsのみ再起動させる
システムすべてをリブートさせずにWindows3.1の様にWindowsだけ再起動する方法。
通常の「Windowsの終了」で「コンピュータを再起動する」をチェックしShiftキーを押しながらOKボタンをクリック

-スタートメニューの高速化
  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」でregeditと入力してレジストリエディタと起動。
  2. HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\desk topを開く
  3. 「MenuShowDelay」の項目がなければ「編集」メニューの「新規作成」→「文字列」を選んで名前を「MenuShowDelay」とする
  4. ダブルクリックして「値のデータ」に数値をいれる。数値が小さいほど高速になる。

-起動時にスタートアップを無効にする
スタートアップに登録されているアプリケーションを無効にする方法。
Windows起動時にまだスタートアップが実行されないうちにShiftキーを押す。

-ファイルをごみ箱に保存しないで削除する
ファイルを選択状態にしてShift+Delキーで削除すればごみ箱に保存されずに削除される。
常にごみ箱を使わないようにするには
  1. ゴミ箱で右クリックして「プロパティ」を選択
  2. プロパティウィンドウの「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消す」チェックボックスをチェック。

-フォルダを常にエクスプローラで開く
フォルダのダブルクリックから常にエクスプローラで表示する方法。
  1. 通常のフォルダのウィンドウで「表示」メニューから「オプション」を選択
  2. 「オプション」ウィンドウのタブの「ファイルタイプ」を選択
  3. 「登録されているファイルタイプ」の中からフォルダを選ぶ
  4. 「アクション」でexplorerを選択し標準ボタンを押す。
  5. OKボタンを押してウィンドウを閉じる。

-すべてのサブフォルダを表示
  1. エクスプローラの左側のツリー表示でサブフォルダを表示したいフォルダを選択
  2. 10キーの*を押すとサブフォルダが一気にすべて表示される。
  3. ※ →キーでサブフォルダが一段階表示され、←キーで非表示に出来る。

-ファイルを複数のアプリケーションに関連づける
ファイルをダブルクリックすると関連付けたアプリケーションが起動する。これを複数のアプリケーションに関連付けさせる。
  1. エクスプローラの「表示」メニューから「オプション」を選択
  2. 「オプション」ウィンドウのタブの「ファイルタイプ」を選択
  3. 「登録されているファイルタイプ」の中から関連付けるファイルタイプを選び、ダブルクリック
  4. 「ファイルタイプの編集」ウィンドウが表示される。
  5. 「追加」ボタンをクリックし、「新しいアクション」ダイアログに「アクション」と「アプリケーション」を入力
  6. 「OK」ボタンをクリック。
 ※複数のアプリケーションでダブルクリックで起動するアプリケーションは、「ファイルタイプの編集」ウィンドウでアクションを選択し、「標準」ボタンを押すと設定される。
 ファイルの右クリックで新しいアクションが追加されるので、複数のアプリケーションを選択して起動できる。

-スワップファイルを自分で設定
  1. 「コントロールパネル」の「システム」→「パフォーマンス」→「仮想メモリ」を開く
  2. 「自動設定」を「自分で設定」に変更
  3. ハードディスクを速いor空きのあるドライブに変えて「最大」をドライブの空きいっぱいに設定

-「Windows95へようこそ」を復活する
起動時、「Windows95へようこそ」を表示させる場合
  1. ファイル名を直接指定して起動し、チェックボックスに印を付ける。
  2. スタートボタンの「ファイル名を指定して実行」で”welcome”と入力すると起動できる。

-ファイル名の変更をキーボードで行う。
  1. 確実に行うにはファイルを選択した状態でF2キーを押すとファイル名変更の状態になる。

-右クリックをキーボードで行う
  1. 右クリックするところで代わりにShift+F10を押す 
 ※アプリケーションで依存される場合あり
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA