自作PCガイド - windows updateに不具合

ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  WEB製作Tips  >  windows updateに不具合

 Windows Updateの自動更新を有効にしている利用者は、自動的に新しい更新プログラムがインストールされるため、現状で新たに対策を行う必要はない。ただし、 全く問題が発生しなかったユーザーに対しても、問題となった前の更新プログラムをアンインストールすることを推奨している。

 また、新しい更新プログラムはすべての利用者がインストールすべきだとしている。インストールしない限り、Windowsの特権が昇格されるカーネルモードドライバーの脆弱性が修正されることはない。

 Microsoftは米国時間8月12日(日本時間8月13日)に、Windows Updateで更新プログラムを公開し、その後、一部のユーザーの間で問題が発生していた。そのためMicrosoft、マイクロソフトが問題の臨時対応 策などを発表していた経緯がある。

 問題となったのは、セキュリティ情報「MS14-045」で公表された脆弱性を修正する更新プログラム「KB2982791」だ。 「KB2982791」は、8月15日にMicrosoftが失効させている。この段階で「KB2982791」はダウンロードできないようにされた。

 今回、Microsoftは「MS14-045」を更新。問題を修正した新たな更新プログラム「KB2993651」を発行した。Microsoftはすべての利用者に対し、「KB2993651」の適用を求めている。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:16 平均点:10.00
前
無料ホームページ素材
カテゴリートップ
TOP
次
webサイト構築Tips

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る