ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  自作PCTips  >  パーツ博物館  >  AX4BS PRO まいえんじぇる

AOPEN AX4BS PRO まいえんじぇる

発掘は奇跡に近いものでした。
AOPENはこの時代安定した440BXを供給し、時代をけん引してきたとも言えると思います。
そんな440BX時代にコラボものとして出したのが
「AOPEN AX4BS PRO まいえんじぇる」
このマザーボードが発売されたのが2001年11月、およそ16年ほど昔だが、今動作する形で入手できた。


今回入手したものは付属品を含めてすべて揃っている状態で非常に稀です。
このマザーボードは起動時にBEEP音の代わりに声が出るという変わったものですが、マザーボード本体そのものの機能も高機能仕様となっていて、単に音が出るだけというものではありませんでした。
音そのものはBEEP音用スピーカーから音が再生されるだけで非常に質は悪いですが、当時としてはネタとして広まりました。
また数量も2000枚とそれほど多くはなかった上にコンデンサの妊娠がよく出ているものなので、現在残っていて動作する数量は本当に少ないと思います。



仕様書になります。基本的な構成は440BXで、チップセットにi845を搭載しソケットは478でPentium4などが搭載可能です。
元の使用はAX4BS PROで音声回路が載ったものという認識で良いと思います。
これにはDr.Voiceという機能で音がなりますが、それ以外にも関東編や関西編などの音声がでるバージョンがいくつか存在します。


保存状態も申し分ありません。
これもテストが終わったら空気を抜いて在庫として保存する予定



取説や案内カードなどもきれいな状態で保存、ドライバ類はCD-RWでの提供


マザーボードの状態
妊娠個所もなくきれいに保たれていました。I-Oパネル側に白錆びなども一切ありませんでした。



BIOSはDIE HARD

AOPENの横に ラブリーえんじぇると記載



仮組み立て オンボードビデがないためGF6200を搭載、クーラーは虎徹 
ちなみに左側に少し映っているのは同じ440BXのAX6BC-TYPE2のブラックエディションモデル

さて起動確認

表示上は普通の440BXと同じでフェニックスBIOSですね

で、この前の画面が以下です


出ました佐藤珠緒です 今では誰か知らない人もいるかもしれませんが、30歳くらいまでは頻繁にテレビに出てました。
口癖が「もう ぷんぷん!」 なので聞いたことがある人もいるかもしれません。

今回は音声を動画で収録しましたのでどうぞ

以下は当時の記事などです

AOPEN公式(動画喪失)保存サイト
さとう珠緒の声で喋るPentium4用マザー「AX4BS PRO まいえんじぇる」発売
「おそい~ずっと珠緒待ったんだから~」、起動時には顔写真も

保存用魚拓
 
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:6 平均点:10.00
前
ASROCK P67TranceFormer Intel875K
カテゴリートップ
パーツ博物館
次
AX6BC-TYPER BlackEdition

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る