ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  自作PCTips  >  キワモノ・斬新パーツ  >  ASRock AM2CPU Board

AM2CPU Board ASROCK

AM2CPU Board ASROCK
写真 写真
写真 写真

 











ASRock独自のCPUアップグレードスロット「Future CPU Port」を備えたマザーボードをSocket AM2に対応させるための拡張カード。

  AM2CPU Boardは、ASRock製のSocket 754/939マザーに対応したCPUアップグレードカードだ。DDR2対応のメモリスロットとSocket AM2のCPUソケットを備えている。CPUはAthlon 64 X2/64FX/64とSempronに対応。メモリはDDR2-800までサポートしており、最大8Gバイトまで搭載できる

 ■対応マザーボード

  • 939SLI-eSATA2(Socket 939/PCI Express x16) BIOS:P1.20以上
  • 939SLI32-eSATA2(Socket 939/PCI Express x16)BIOS:P1.30以上
  • 939Dual-SATA2(Socket 939/AGP 8X)P1.90以上
  • K8Upgrade-NF3(Socket 754/AGP 8X)
  • K8Upgrade-VM800(Socket 754/AGP 8X)
  • K8SLI-eSATA2(Socket 754/PCI Express x16)BIOS:P1.30以上
  • K8Upgrade-1689(Socket 754/AGP 8X)

 仕様
 ■メモリ DDR2 6.4GB/S x2 ※ソケットは1.2番 か3.4番を使う(3.4番だけの使用も可)
 ■HyperTranceport(上下合計8GB/S)
 ■サイズ 198mm x 144mm
 ■4pinファンコネクタだが、ソフトウエア上、BIOS上ともに設定不可(最大回転数で動作)
 ■CPUクーラー メモリ側の前後に向かって8センチ以上か高さ5cm以上でないと干渉する
  ※KODATIで取り付け確認済みだが1番ソケットに干渉する
 ■対応BIOSについて
 OCWorkbench 2.30E(939DUAL-SATA2用)

 ASRock 939Dual-SATA2 and 939Dual-VSTA bios for AMD X2 6400+
 http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?t=66572

 動作について
  • マザーボードの動作には本体側のAM2対応BIOSが必要(最新版にする)
  • CPU電源4pinは本体側ではなく、AM2CPUBoard側の4pinを使う
  • マザーボードのジャンパ設定(7箇所)をAM2用に切り替える
  • メモリはAM2CPUBoard上にDDR2タイプを挿して使う(本体側に挿しても動作しない)
  • 24pin電源は本体側に挿す


 参考リンク
 http://magik.vs.land.to:8080/pukiwiki/index.php?[[AM2CPUBoard]]
 

製作-組み立て  

■本体の購入
 すでに国内では入手不可の為、海外から購入。たまたま新品での販売があったため購入した
  

 とりあえず対応マザーボードに仮組みつけ
  
 見た感じは横サイズはたいして長くはないが、高さがかなり高く本来のPCIの取り付け高さよりも3cmほど高い
 ケースに収める場合はそれなりの幅のあるものがないと無理だと思われる

 今回採用したマザーボード かなり昔にオークションで購入したマザー
 このマザーについて調べていたところ、AM2ボードなるものを見つけたので今回のキワモノ購入に至る
 ASROCK 939DUAL-SATA2
 
 
 
 使用にあたってマザーボードをチェックし直したところ、VRM周りのコンデンサが結構まずい状態に
 
 
 インテル製ではこれより古いASROCKのマザーももっているがここまでひどいのは初めてだ
 http://jp.rs-online.com/web/
 ここでマザー周りの一通りコンデンサのすべてを注文
 アルミ電解コンデンサ,ラジアル  715-2580 10個
 CAP VY 3300UF 6.3V  739-5207 10個
 CAP VY 470UF 16V 739-5257 10個
 CAP VY 1000UF 6.3V  739-5204 30個
 
アルミ電解コンデンサ 739-3374 20個

 
 とりあえず茶色のコンデンサ類をすべて交換した
 他のは様子みながら交換としたい
 
 AM2CPUBoardを取り付けるにあたって
 ディップスイッチをボード用に合わせる あわせないと起動すらしない
 aの○の中の1箇所とbの○の中2箇所をそれぞれ矢印方向へ
 Cの○の中の4箇所すべてを矢印方向へ cの中の4箇所は2個が1個にまとまっている
 ↓下の画像はすでにディップの切り替えを行った後のもの
 
 
 再度Am2ボードにCPU&クーラーを装着しマザーに合体
 
 今回はクーラーにKODATIを使用した
 かなり小さくて薄いタイプでメモリ4枚を実装可能だと思っていたが

 横から見た状態
 
 1番スロットに対して少し被っていてやはり3.4番しか使えない
  
 サイズ的に、FANが8cmなので、8センチ以内に収めてギリギリ
 ヒートシンクが8.5cmある為、このサイズだとNGとなる
 あとは高さがある程度あればメモリソケットを回避する形で装着が可能だと思われる
 簡易水冷型だとネジの穴サイズ未満なので装着は可能だろう
 
 組み付け完了
 
 SSDと電源周りを配線して完了

 配線を終わらせてBIOSでの確認
 
 プロセッサははUnknownとなっているが64bitサポートの表示が!
 メモリは2GB×2で認識だが、実際は3GB程度の使用可能領域

 CPU周りの設定、CoolinQuietは使えていない
 メモリは800Mhzが設定できている
 CPUはマザー側のBIOSでAm2Boardの設定が出来ている
 
 CPUがブラックエディションの為、倍率変更も可能だが、設定しても反映はされない
 FSBのほうは反映される
 ただしOverclock Retioのところは必ず【Async】にすること! SyncにするとPCIまわりまでFSBが反映され破損の危険がある
 ここでFSBをいじった場合は当然のことながらメモリ側にも反映される メモリ側でたとえば10%FSBをあげていると
 ここでDDR2-800と設定しても実際は880で設定されるため起動エラーになりやすい。あらかじめメモリ周りは小さく設定が
 できないため、1ランク下のDDR667で使うことになる
 またFlexibility OptionをAUTOにしていると、設定を入れても低い設定値に戻されてしまうので
 Disabledにしておく
 
 チップセット周りの画面
 今回AGPは使わないので、Disabledにし、優先順位をPCI-eとした
 

 ストレージ周りの設定
 
 SATAController→ Enabled
  SATA OpertionMode→ non-RAID
 Onboard SATAⅡ Controller→ Enabled
  SATAⅡ OperationMode→ SATA
  SATAⅡ Driving→ Normal 
   ※画面上Strongにしたが、起動しないのでNORMALに戻した
 画面上はSATAⅡにつないだSSDがきちんと表示されていた

 H/WMonoitor
 
 新しい電源を使って電圧確認
 恐らくAm2Board側の表示なので今回交換したコンデンサ周りの結果はわからず
 KODATIのわりには42℃と温度は若干高めだが安定している
 コネクタは4Pinのため本来はPWM動作をしそうなものだが、BIOS側にコントロールもなく
 ソフトウエアたとえばSPEEDFANなどのツールを使っても反応せず、直接コントロール基板
 などを介さないと無理のようだ。FANは常に100%で回っているので非常にうるさい

 以上BIOS設定までをお伝えしました。
 ベンチマークなどはこちらの製作PC履歴に掲載しています。
 
  OSのWindows10ですが、現状デフォルトのシャットダウン(いわいる通常シャットダウン)はできません
 Shiftキーを押しながらの完全シャットダウンか、コントロールパネルの電源管理より電源ボタンの管理より高速起動を
 OFF
にする必要がありました。

 ベンチやBIOS設定などは製作PC履歴のこちらからどうぞ
 
 ほかの方の制作ブログはこちら
http://stakasaki.at.webry.info/200606/article_4.html
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:62 平均点:10.00
前
新型クーラー engine27を試す
カテゴリートップ
キワモノ・斬新パーツ
次
CPU TransferCard PTCA-01 775GETA

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る