ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  自作PCTips  >  殻割MOD  >  ■6700K/4790K/4770K/3770K■ 殻割り温度比較。
皆さん、明けましておめでとうございます。
自作PCガイド様に寄稿させていただいているHEXです。

今回は前回の講座から若干趣旨が外れますが
インテル製CPUの型番(グリスとコアサイズ・微細化)
によって殻割り前/殻割り後の温度がどう変化するか追ってみたいと思います。

実験環境 - CPU速度 / 44倍/コア電圧1.250V
             一部検証にて例外あり
     - 冷却方法 / 虎徹[純正ファン1450RPM]仕様 
             若しくは同程度の水冷環境
             サーマルグリスはMX-4
     - 室温差異 / 事前の採集データに校正済
             室温は別途明記
     - メモリ  / DDR3-2400 1.65V
             DDR4-2666 1.35V
     - 負荷ソフト/ Prime95 v28.5 Build 2_Blend


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
読み方   - [純正最高/平均]  [施工最高/平均]  [低下温度]      以下メモ 
①3770K - [64-71] [56-60] [46-50] [39-42] [18-21/16-18]  室16 K  128
②3770K - [56-65] [54-57] [48-54] [46-48] [7-11/7-9]    室23 M 111
③4770K - [70-78] [56-64] [52-58] [44-48] [18-20/12-15]  室20 M 109  ※40/35_1.150V
④4790K - [66-81] [57-58] [43-55] [40-41] [23-25/16-17]  室18 M 1128
⑤4790K - [82-92] [64-70] [54-66] [50-53] [28-26/14-16]  室23 K 1116 ※5分-6分地点
⑥4790K - [73-83] [58-66] [58-64] [46-53] [15-18/11-12]  室22 M 105
⑦6700K - [70-77] [56-63] [56-60] [46-50] [14-17/9-12]    室28  M 98
⑧6700K - [60-66] [47-51] [43-48] [35-39] [17-18/12-12]  室12 K  1130 ※1.300V
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ケツに特記が無い場合、以上の条件で確認しています。
作業中に測定しているデータからの引用となり、室温/測定環境を完全に
一律に出来ません・数値も切り捨てていますので参照する際は参考までに。

■総括■
経験上CPUは
Ⅰ[型番・印加電圧・殻割(グリスバーガー)]→Ⅱ[冷却方式・動作速度]→Ⅲ[CACHE/IN/SA電圧・サーマルグリスや面研磨など]
の順に温度に影響します。

4790Kは概ね熱く、46倍以上を静かなファンで見たい場合・47倍以上を見たい場合、殻割りが必要な場合があります。
6700Kは概ね冷たく、OCerは別として、一般的に見て夏場にならないと熱と戦わなくて良い程度に冷えています。
4770Kは熱く、そもそもが並の個体で45倍常用以上を目指すことに無理があり(キャパシタが貧弱+Primeを回し過ぎると熱劣化する印象です)
もし、Devils相当の47倍動作をさせると考えると、近年で最も発熱するProductだったと予測します。

当記事がみなさんの知的好奇心・検証のお役に立てば幸いです。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:24 平均点:10.00
前
■6700K/4790K殻割り比較 の前に、現在人気のCPUの出荷時個体差についての考察
カテゴリートップ
殻割MOD

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る