ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  自作PCTips  >  Socket479  >  ■479で製作したPCとまとめ

479で製作したPCとまとめ

 CT-479を使って、P4シリーズにPentiumMを搭載した
 これまででわかったこと・・・ P4Pxxxシリーズでは PentiumMの770までしか認識しない
               ※P4Gでは780も認識することができた。
 OSもPentiumMはXDbitに対応しており、Windows7はもちろん、Windows8.8.1や10もインストール可能
 ただし、64Bitではなく32bit 64Bitに関してはマザーが対応しておらず、CPUが対応していても起動しない。

   一通りのベンチの画像はこちら
 ■M/B ASUS P4GD1
 ■CPU Intel PentiumM780 2.26Ghz@2.86Ghz +CT479)
 ■クーラー コルセアH110加工取り付け
 ■MEM GreenHouse DDR400-1GB×4
 ■HDD MicronSSD 64GB
 ■GPU サファイア HD6450PCI-e 1GB
 ■電源 絢風300WGOLD
 ■ケース CoolerMaseter TestVench ガラスアクリル加工

 起動時の画像はこちら
 ■M/B ASUS P4C800
 ■CPU Intel PentiumM 740+CT-479
 ■MEM GreenHOUSE DDR400 1GB×4
 ■SSD ClucialM4-SSD 64GB 

 CT479解説ページ 槻ノ木隆のPC実験室

 
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:12 平均点:10.00
前
■対応マザーボード一覧
カテゴリートップ
Socket479

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る