ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ニュース  >  TOP  >  改造  >  例のグラボ RX470 4WayCFX
TOP > 改造
改造 : 例のグラボ RX470 4WayCFX
投稿者 : neo 投稿日時: 2019-02-02 18:39:15 (1334 ヒット)
改造

■例のグラボ設定方法など RX470編 RX470で4WayCFX

今回はRX470でのテストを行いました

まず1枚目はHDMIの復活のために抵抗とチップコンデンサを取り付け
(内容については他のサイトですでにいろいろでているので割愛します)
https://www.youtube.com/watch?v=CKeql9NxO9Q 
 ↑この辺を参考にしてみてください


 
以前紹介したVBIOSですが、RX570時と同じVBIOSをRX470で行うといずれかのBIOSはあうようで、FFや3DMarkのベンチテストも完走しますが
CFにしたあたりから挙動がおかしくなってきました。
まず2枚のCFを行うと、途中でブラックアウトすることがありました。
そこでRadeonSettingからメモリクロックとCPUクロックをそれぞれ下げてみて行ったところ、2枚のCFは完走しスコアも4000台と
CFとしての結果が出ましたので良かったのですが、3枚にすると今度はエラーを吐いて停止するようになりました。

ネットで上がっている3種類のメモリクロック2100MhzのBIOSですが、3枚以上でエラーを吐くのですが、1枚で使用される方は
どのBIOSが正解かを3枚で初めてエラーがわかるテストはできないかと思います。
これはメモリベンダとBIOSの関係かと思っていましたが、そうでもないようです。
つまり1枚しかないカードでHDMI改造せず、そのBIOSがあっているかどうかを検証するのは無理ということです。
まして1枚目にHDMIを施していない場合、画像がぶれたりするかどうかもわかりませんし。
(具体的には3枚でCFにしてTIMESpyを行う必要がある)

そこでどのメモリベンダでもあうVBIOSを一つ一つ検証していったところ
以下のBIOSであればHynixでもMicronでも動作しました。(画像クリックして拡大できます)
これなら、無改造で1枚目でも使えます。※まれに個体によってだめなのもあります
選び方は
GPU Brand →AMD
Card Vender →Sapphire
Card Model →RX580
Bios version →デフォルト
Bus interface →デフォルト
Memory Type →GDDR5
Memory Size →8192MB
Since →デフォルト
で最下段のSapphire.RX580.8192.171115.rom


具体的にはマイニング用PCに混在するカード3枚を搭載し、一度に3枚を書き換えし、カードをPCに載せ替えてテスト

これでテストを行ったところ無事3枚のCFで完走し、結果がでました。
※ちなみにCFをする場合、ドライバを最新のものに入れていても、追加したらCFが解除されます。
同じドライバを入れて再起動することでCFが再セットされます
(面倒なのでほかのやり方を調べていません)

構成
例のグラボ RX470×3枚
例の電源 コルセアRM1000
例のCPU IntelG3930
M/B MaximusⅣ APEX
MEM GALAX HOF4CXLBS4000M19SF162C (4000Mhz動作)

さすがにCPUが足を引っ張りますがスコアはまずまずです
RX470を無改造で使う場合、BIOSの検証が難しいので上記BIOSでCFとしてなどで試してみるといいかもです。

4枚CFXの結果

 

印刷用ページ このネタを友達に送る

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る