ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ニュース  >  TOP  >  Testbench を使った自作PC
TOP
TOP : Testbench を使った自作PC
投稿者 : neo 投稿日時: 2018-05-30 18:27:29 (182 ヒット)

TestBenchを活用した自作PC作成について

先日問い合わせがあったので、改めてTestBenchを使った自作PCの工夫個所を紹介します。
今手直し中のモデルを参考に紹介します。


このモデルです。前回は簡易水冷でしたが今回はパーツ組み合わせによる完全水冷にしました。
また難易度が少し高いリザーバなしです。


ガラスアクリルについて
ガラスアクリルというのは、素材はアクリルですが、ガラスのように処理をすることで見えることを意味します。
実際はアクリルパネルです。
本来TestBentだけを使うとマザーボードがむき出しになっていて、メンテナンス性は高いんですが、埃などの対策ができなため、メンテナンス性をなるべく維持しつつ、
見た目もすこし格好よくするため、このアクリルボードを使うという手法をとっています。
パネルは https://item.rakuten.co.jp/akurirukoubo/ak-ga3_300-900/ ここのパネルを 300×280 の2枚にカットして使用しました。

ガラスアクリルを付けるための改造
ガラスアクリルパネルはTestBench本体に2か所穴をあけるだけです。パネルは4か所の穴あけで留めますが、2か所はマザーボードの固定用穴を使うので穴あけはしません。

TestBench側に適当な穴をあけます。場所はここ決まっているわけではないので、結構適当な位置に開けました。
反対側にも同じようにもう一か所穴をあけておきます。
同じ列でもう一か所の穴あけ位置ですが、パネルが300しかありませんので、開けるときは穴と穴の位置が280を超えないようにすることを注意してください。


もう一か所の穴あけ位置
※すでにネジを入れてしまっています。見にくいですが、場所はLabの bの位置

■ネジ&ボルトの選択
ネジやボルトはホームセンターに売っているものを使用しています。
ただし、ねじも特殊なので、ねじやボルトの在庫が多いところのものでしか売られてないものもありますので注意が必要です。
パーツのすべてをホーマックというホームセンターで入手しています。
ボルトとナットはTestBench側に2か所、マザーボードと一緒に留める2か所の合計4か所でガラスアクリルパネルを取り付けます。

TestBenchに直接留める側のパーツ

ボルトは両サイドにヘッドがないタイプ寸切りボルトというのを使用します。
またこのボルトは元々が20センチくらいあるのでカットが必要です。
カットにはグラインダーが必要になります。カットが斜めになったり甘くやるとネジ切りが潰れてナットが入りません。
注意が必要です。

TestBench側取り付けたところ

ピントが奥になってしまい、見にくいかもしれん。
TestBenchの上部をナットで挟む形で固定します。

上部にナットをつけて、今度はアクリルパネルと挟んでヘッド付きネジで固定するようにします。

以下はマザーボードとTestBenchへ同時に固定する側です。
マザーボードを置き、上から寸切りボルトで留め、そのあとナットで固定します。


ナットでマザーボードを挟む形になります。
上部にはナットを入れてガラスアクリルパネルを置きます。


ガラスアクリルパネルを置きます。

穴の位置決めですが、一度寸切ボルトを4か所すべて設置し、その上にガラスアクリルボードを仮置きします。
仮置きしたらナットの穴位置のところに細いマジックでマーカーをして、ドリルで穴をあけます。

ネジで固定したら完成です。
ガラスアクリルに対して、シルバーやブラックのネジだと目立ってしまいますので、クリアータイプのネジを使用して目立たなくしています。



今回はこれに伴って、CPUをQX9650からQX9770へ
簡易水冷を改造したものから、すべて専用水冷パーツに組み換え。
また、リザーバーが邪魔で不要なので、リザーバーなしで組みました。
リザーバーなしはエアーが噛みやすいので結構面倒なのですが、やってしまえば楽です。
やり方についてはまた次回にでもアップします。
水枕は中国ショップのFREEZMODというところから購入しました。
LGA775対応でこのクオリティなのはあまり売られてません。
見た目はかなりきれいで本格的です。パーツも固定用のボルトとスプリング、ワッシャーにグリスまでついています。
値段もEKなどと比べるとだいたい1/2から1/3の価格で買えてしまいます。
内部のクオリティーもまずまずです。ただし、精度が悪いのが運が悪かったのか複数買ったうちの1つから新品なのに盛大に水漏れしました。
国内で転売もされてるようですが、購入時にこういった水回りパーツや電気パーツは自分で買うくらいのことをしないとPCが損傷する可能性があります。




それではまた

印刷用ページ このネタを友達に送る

Select language

ページの終端です。ページの先頭に戻る